上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告 |
米ソニーが米国でネットテレビを発売することを発表しましたね。
GoogleGoogle TVを搭載し、普通のテレビ放送も観れ、さらにネットで検索して動画をダウンロードやストリイーミング放送を今までよりも簡単に楽しめるようになるテレビだそうです。
価格は46型で約1,400ドル
今販売中のテレビにもYouTubeが観れたりしますが、比じゃないのでしょうね。

ただしこれは海外での話で、日本ではまだ発売の予定すらないみたいです。
それもそのはず、海外よりも日本は「放送」に関していろいろ厳しいから。
こういった厳しさは前々からわかっていたんだけどね。
Xbox360でのビデオレンタルサービスの日本での開始が他国開始から時間がかかったのもその影響みたいだし。


しかしながら、もしこれらネットでレンタルとかが一般化した場合、現在レンタルサービスを提供しているTSUTAYAGEOはどうなるのでしょうか?
ネットレンタルの場合、店舗に行くよりも簡単に、そして手間がかからず、映画などが観れるわけです。
そうなるとDVDやBlu-Rayなどのレンタル事業は衰退していくような気がします。
もちろん、「販売」というのは残ると思いますが、そうなると書店や家電量販店で済ませればいい話ですよね?
レンタル事業が無くなる(少なくなる)ということになれば、極論、TSUTAYAである意味がないような気がします。

上記に書いたことが僕の思い違いならいいのですが、このような状態になると怖いなぁと。
スポンサーサイト
2010-10-14 20:30 | AV機器 | COM(2) | TB(0) |
AV watchで見たんだけど、DTS社が11.1chサラウンド技術を公開したらしいですね!
単純に11本のスピーカーと1つのウーファーが必要ですけど、ほんとに一部のマニアで金持ちしか必要ないよ!!
現に今、僕は7.1chアンプ使ってるけど、スピーカー5本とウーファーで精いっぱいですよ。。。
一時7本のスピーカーを設置してみたことはあったけど、スピーカーに囲まれているのをはたから見ると、
なんか儀式っぽくなったよ!!
壁に掛けれたら少しは見栄えがいいような気がしますが、だからといって11本のスピーカーとか置き場に困るって!

凄いのはわかるけどね。
2010-10-11 06:52 | AV機器 | COM(0) | TB(0) |
映画「アバター」からでしょうか?3Dという言葉(技術)が浸透し始めたのは?
僕はまだ3D映像を見たことはないので、どの程度の立体感なのかはわかりませんが、今の家電メーカーはこぞって3D対応テレビを売り出していますね。
この前までは専用メガネを着けてでしか見れなく、メガネを掛けている人にとってはその上からまた眼鏡という煩わしい思いをしていたのに、最近では裸眼で3Dを見れるものが登場。
ついにはゲーム機でも3Dときたもんだ。
任天堂の携帯ゲーム機「3DS」に、ソニーの「PS3」。

しかしこの3Dというのは実は少なからず人体に影響があるみたいです。
結局は左右の眼球で微妙に異なった映像を見せ、脳内での錯覚を利用しているので、発達途中の子どもに見せるのは危険があるということも言われているそうです。

何故にここまで3Dが話題になっているのか僕にはわかりません。
結局は「立体になって見える」錯覚なのですから。
それならばフルHD以上の超高画質テレビ(2K4K)を早く一般化してほしいです。


それにしてもテレビの進化は早いですね。
2010-10-06 19:26 | AV機器 | COM(0) | TB(0) |
プロフィール

tattyo

Author:tattyo
フレンドリクエストも待ってます!
所有ハードXBOX ONE、Xbox360、PS3、PS4、Wii U、3DS、VITA。
オンライン時間は不定期です。
相互リンクも募集中。
コメントを頂けると喜びます。
Twitterも一応やってます。
tattyoXをよろしく!

現在地:富山県
性別:♂
年齢:28

勢いのままで書いているので、
文書としては見辛いと思いますが
ご了承下さい。
なお、掲載した画像はネットにて
収集したものです。
問題がありましたら削除します。

ゲーマータグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス履歴
見てる人
現在の閲覧者数:
ランキング
時計
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。